reportレポート

星出宇宙飛行士の活動レポート

34

「本当に素晴らしいチーム。このチームのメンバーであることが幸せ」星出宇宙飛行士、日本人2人目となる船長任務を完遂!

10月5日4時、国際宇宙ステーション(ISS)にて星出宇宙飛行士からトマ・ペスケ宇宙飛行士への船長交代式が行われました。

若田宇宙飛行士に次いで日本人2人目のISS船長となった星出宇宙飛行士は、4月28日に前任のISS船長であったシャノン・ウォーカー宇宙飛行士から船長を引き継いだ際、「地上にいる世界中のチームメンバーの皆さん、One Teamとしてこの素晴らしいミッションを共に成功させましょう。安全に、楽しみましょう!」と話していました。

ISS船長とは、他の宇宙飛行士と同様に行う保守・実験等作業に加え、定常時は地上のリードフライトディレクタなどと密接にコミュニケーションをとり、長期的に安全・確実にミッションを遂行するよう、クルーをまとめる役割を担っています。さらに、緊急事態(火災、急減圧、有毒物質漏洩等)の発生時においては、状況を正確に把握し、クルー全員の安全およびISS機能維持のための迅速且つ的確な対応の指揮を執る必要があります。

その重責を果たした星出宇宙飛行士は、交代式で、「5ヶ月間、たくさんの実験やミッションに尽力してくれたことに感謝します。本当に素晴らしいチームでした。このメンバーの一員であることが幸せです。そして、世界中の宇宙センターからのサポートに感謝します。皆さんのご協力なしでは、この素晴らしいミッションを成し遂げられませんでした。」とクルーや地上のメンバーに対して感謝の気持ちを語ったあと、「それでは、トマ・ペスケ氏に、ISSのカギを引き継いでいただきます。トマ、君は素晴らしいクルー仲間だったし、きっと素敵な船長になってくれるはずだ。おめでとう!」というコメントとともに、船長就任の証であり、歴代のISS船長に引き継がれている「鍵」をトマ・ペスケ宇宙飛行士へと手渡しました。

トマ・ぺスケ宇宙飛行士に鍵を手渡す星出宇宙飛行士 ©JAXA/NASA
トマ・ぺスケ宇宙飛行士に鍵を手渡す星出宇宙飛行士 ©JAXA/NASA
鍵の引き継ぎを終え握手を交わすトマ・ぺスケ宇宙飛行士と星出宇宙飛行士 ©JAXA/NASA
鍵の引き継ぎを終え握手を交わすトマ・ぺスケ宇宙飛行士と星出宇宙飛行士 ©JAXA/NASA
  

鍵を受け継いだトマ・ぺスケ宇宙飛行士は「(星出宇宙飛行士は)私たちがISS船内のどこで何をしていても、助けがほしいときは、わかっていたようにすぐに現れて明るく元気付けてくれたよね。だから、難しい実験がうまくいかなくて辛くなったときもとても助かった。」「いいお手本になってくれて、本当にありがとう。」と星出宇宙飛行士の船長としての活躍を褒め称え、最後には全員で円陣を組みセレモニーを終えました。

円陣を組むインクリメント65のクルーたち ©JAXA/NASA
円陣を組むインクリメント65のクルーたち ©JAXA/NASA
  

5月から始まった星出宇宙飛行士の宇宙滞在も終盤戦を迎えようとしています。 今後の活動レポートもお楽しみに!

  • 本文中の日時は全て日本時間