reportレポート

星出宇宙飛行士の活動レポート

10

星出宇宙飛行士、軌道上記者会見 〜野口宇宙飛行士からつなぐタスキ〜

日本時間4月26日 午後8時より、国際宇宙ステーション(ISS) 「きぼう」日本実験棟において、星出宇宙飛行士・野口宇宙飛行士の軌道上記者会見が行われました。

軌道上記者会見に臨む星出宇宙飛行士と野口宇宙飛行士 (NASA TVより)
軌道上記者会見に臨む星出宇宙飛行士と野口宇宙飛行士 (NASA TVより)

軌道上で同時滞在することとなった野口宇宙飛行士から、クルードラゴン宇宙船 運用初号機(Crew-1)と2号機(Crew-2)のメインカラー、青と赤を使ったタスキを引き継いだ星出宇宙飛行士は、まずは身体を慣らしたい、これから地球のみなさんの役に立てるような実験・研究や、将来月や火星に行くための実験をやっていきたいと話し、またISSのコマンダー(船長)という立場については、重責もあるが、クルー全員が経験豊かなのでうまくチームワークを作れるよう頑張りたい、応援よろしくお願いします、と語りました。

軌道上記者会見に臨む星出宇宙飛行士と野口宇宙飛行士 (NASA TVより)
軌道上記者会見に臨む星出宇宙飛行士と野口宇宙飛行士 (NASA TVより)

記者から久しぶりにISSに戻ってきた印象を聞かれ、まずは待っていた仲間たちの笑顔に対して感謝の気持ちを感じた、半年やそれ以上会っていない仲間がいたので、久しぶりに会えてうれしく思った、と喜びを語りました。また、ISS内に入ると実験装置やコンピュータ、ケーブルなどが増えていて前回の滞在より非常に多くの実験が行われていることを実感したそう。

軌道上記者会見に臨む星出宇宙飛行士と野口宇宙飛行士 (NASA TVより)
軌道上記者会見に臨む星出宇宙飛行士と野口宇宙飛行士 (NASA TVより)

今後、宇宙飛行士を目指している人に向けてメッセージを求められた星出宇宙飛行士は、自身が3回目の応募でようやく宇宙飛行士に採用されたことについて触れ、1回で採用される人もいればもっと受けている人もいる、全員に共通するのはみんながお互いのことをリスペクトしあって努力してチームワークをよくするという意識を持っていることだ、この秋の宇宙飛行士募集に応募する方や、将来宇宙飛行士になりたいと思っている子供たちには、相手をリスペクトする、チームワークをよくするという気持ちを持ってほしい、と力強く語り、また、宇宙飛行士という仕事についても、宇宙飛行士は1人では何もできないが、全員の長所でそれぞれの短所を補完しあって活動できる素晴らしい仕事であるとも話しました。

軌道上記者会見に臨む星出宇宙飛行士と野口宇宙飛行士 (NASA TVより)
軌道上記者会見に臨む星出宇宙飛行士と野口宇宙飛行士 (NASA TVより)

2日後にISSから離脱し地球に帰還する野口宇宙飛行士に対して、お疲れ様でした、無事の帰還を祈ります、とねぎらいの言葉をかけた星出宇宙飛行士は、野口宇宙飛行士を含むCrew-1が素晴らしいミッションを行ったことに対し、負けないように頑張っていきたい、コロナ禍で大変な状況での訓練を支えてくれた方々への恩返しにもなれば、と今後の展望を語りました。
最後は「引き続き応援よろしくお願いします」と挨拶し、2人そろって笑顔で記者会見を終えました。

軌道上記者会見に臨む星出宇宙飛行士と野口宇宙飛行士 (NASA TVより)
軌道上記者会見に臨む星出宇宙飛行士と野口宇宙飛行士 (NASA TVより)

星出宇宙飛行士は、この後、約半年間ISSに滞在し、日本時間4月28日からは、ISSを率いるコマンダー(船長)を務めます。