reportレポート

星出宇宙飛行士の活動レポート

09

星出宇宙飛行士らがISSへ入室、ウェルカムセレモニーが行われました

ハッチが開かれISSに入室する星出宇宙飛行士ら ©︎JAXA/NASA
ハッチが開かれISSに入室する星出宇宙飛行士ら ©︎JAXA/NASA

日本時間4月24日午後8時5分にクルードラゴン宇宙船運用2号機(Crew-2)と国際宇宙ステーション(ISS)間のハッチが開かれ、星出宇宙飛行士を先頭に長期滞在クルー4名がISSへ入室しました。いよいよ、星出宇宙飛行士のISS長期滞在の始まりです!

ウェルカムセレモニーでJAXA 山川理事長は「みなさん、おめでとうございます。昨日の打ち上げに続き、ISSへの到着を無事見届けることができ、心から安心しています。」とクルードラゴン宇宙船運用2号機(Crew-2)のクルーをねぎらい、野口宇宙飛行士、星出宇宙飛行士両名がISSに同時滞在することに対しては「私だけでなく日本全体にとっても大きな喜びであると感じています。」と語りました。また、最後に「ラグビー経験で培ったチームワークを活かしチーム全員でスクラムを組んでトライし続けてください。」と星出宇宙飛行士を激励しました。

SpaceX Crew-2クルーの星出宇宙飛行士と交信する山川JAXA理事長
SpaceX Crew-2クルーの星出宇宙飛行士と交信する山川JAXA理事長

星出宇宙飛行士は「こちらでは4カ国11人で一丸となってスクラムを組んでいます。クルードラゴンの素晴らしい飛行を支えていただいた皆さん、ありがとうございました。これからISSでのミッションを通して、世界中の人々と一緒に仕事ができることを楽しみにしています。」とISS長期滞在への期待と関係者への感謝の言葉を語りました。

SpaceX Crew-2クルーの星出宇宙飛行士と交信する山川JAXA理事長
SpaceX Crew-2クルーの星出宇宙飛行士と交信する山川JAXA理事長

これから約半年間、星出宇宙飛行士は、軌道上で様々な活動を行います。その様子は「星出宇宙飛行士ウィークリーレポート」としてお伝えしていきます!