reportレポート

野口宇宙飛行士の活動レポート

45
2021.05.02

クルードラゴン宇宙船運用初号機(Crew-1)が無事着水!

着水に向けてパラシュートを開くクルードラゴン宇宙船運用初号機(Crew-1) ©︎JAXA /NASA

着水に向けてパラシュートを開くクルードラゴン宇宙船運用初号機(Crew-1) ©︎JAXA /NASA

日本時間5月2日午後3時56分、野口宇宙飛行士らが搭乗したクルードラゴン宇宙船運用初号機(Crew-1)がフロリダ・パナマシティ沖に着水しました。 ISSから離脱後、軌道変換を行ったクルードラゴン宇宙船運用初号機(Crew-1)は、大気圏への再突入を行いました。その後高度5500mほどまで降下したところでパラシュートを使って降下速度を緩め、着水に成功しました。
これから機体の外より異常がないことを確認したのち、野口宇宙飛行士らの搬出が行われます。
野口宇宙飛行士を含むクルー4名の搬出完了は日本時刻同日午後4時55分頃を予定しています。

クルードラゴン宇宙船運用初号機(Crew-1)がフロリダ・パナマシティ沖に着水した様子 ©︎JAXA /NASA

クルードラゴン宇宙船運用初号機(Crew-1)がフロリダ・パナマシティ沖に着水した様子
©︎JAXA /NASA